HRビジネスクラウド お客さま導入事例

ヒューマンリソシア株式会社
ヒューマンリソシア株式会社

成長フェーズでも常に最適化を実現可能

総合人材ビジネスを展開しているヒューマンリソシア。従来は人材派遣サービスが主となっていたが、より多くの方の「働く」をサポートするため、人材紹介サービスを拡大。システム運用推進を担当している新開氏にHRBC活用方法を聞いた。

カスタマイズ性と連携のスムーズさが決め手

――最初に御社の事業概要を教えてください。

私たちヒューマンリソシアは、「教育」「人材」「介護」の3つのビジネスを中心に事業展開をしているヒューマングループの一員として、総合人材サービスを提供しています。人材紹介・人材派遣のほか、アウトソーシング(業務委託)や企業研修・社員教育など幅広くサービスを展開しております。


――HRBCをご活用いただいていますが、どのような経緯で導入をされたのでしょう。

当初はポーターズのプロ・エージェントを使用し、求人案件や求職者の管理をしていたのですが、ビジネス拡大を図るうえで、よりフレキシブルに業務運用を行うことが課題でした。このような中、2015年にポーターズより、紹介業向けのテンプレート『HRBC エージェント』をリリースしたとのご案内をいただき、他社システムとも比較検討した結果、HRBCの導入を決めました。


――どのような点が決め手だったのでしょうか。

まずはカスタマイズ性の高さです。当時はビジネス拡大に向け業務の運用方法や管理体制の見直しを図っていたため、実務を行いながらカスタマイズできるか、を重視していました。また導入に際し、スムーズに既存システムと連携できるかもポイントでした。導入時のデータインポートやマッピングのフローが確立されていない他社が多かった一方、HRBCは、各フェーズで小さな課題はあったものの、「現場の運用方法を変更すれば解決するか」「改修が必要か」「その場合コストはどのくらいか」など、担当者が随時相談に乗ってくれたことが決め手の一つでした。

全員がシステムを使いこなすためには

――実際に導入された後、運用はスムーズに行えましたでしょうか。

最初の一年ほどは、コンサルタントたちの習熟度不足もあり、機能を使いこなせている、とは言えない状況でした。そのため私がシステム推進担当として、HRBCの担当者と月に一度打ち合わせを行うことに。そこで講義を受け、内容を現場にフィードバックしていきました。システムを導入しても、現場レベルで使いこなせないと、かえって手間になってしまいます。そこをサポートしてもらえたのはありがたかったですね。


――担当者のサポートがあることで、習熟度は大きく変わりましたか。

はい。当初は求人や求職者の情報を登録できて、検索をかけられれば事足りると思っていました。ただ担当の方と話すうちに、マッチングや求職者への案件紹介、企業への求職者の推薦、コンサルタントごとの運用状況、行動指数の管理など、さまざまな機能があることがわかり、今では大いに活用しています。


――HRBCでよく使う機能があれば教えてください。

一番は進捗管理です。企業と求職者のやり取りが進むと、自動的に進捗のステータスが変わります。また、「一次面接に進んだ方」など、進捗に応じたデータの抽出も可能です。スマート帳票も活用しています。弊社では、求人内容をいかに正確に求職者に伝えるか、を重視しています。そのため、求人内容を提示する際は、メールの文面に記載をするだけではなく、一枚の求人シートでご提案しています。この手続きにも、HRBCの機能を活用しています。これからも、社会のニーズの変化や、職業安定法の改正によって、必要項目を追加する必要が出てきます。それが容易にできることも実用的だと感じています。

見えづらい数値の評価も容易に実現

――業務効率化を図るために、HRBCを活用して新たな業務フローの構築なども行ったのでしょうか。

社内で効率的に情報共有が行えるよう、新たな業務フローを作りました。組織が大きくなるにつれ、管理者がコンサルタントそれぞれの数値や状況をリアルタイムに正確に把握するのが難しくなってきます。このようなとき、HRBCを活用しています。例えば「取引先の売上高ランキング表を欲しい」という場合、必要情報を検索してCSVへ落とし込み、そのままメール送信機能で送れる、というようなフローを作り、効率化につなげています。


――ほかに、HRBCを導入してメリットだと感じていることがあれば教えてください。

コンサルタントは、営業職であるため、売上げ数字で評価が決まります。しかしながら、個人の成長のためには、プロセスを評価することも大切です。そこで、コンサルタント毎の面接設定率に着目してみました。具体的には、選考プロセスをエクスポートしてExcelで加工し、面接設定率を週単位で集計することに。すると、売上げや成約数という結果に表れていなくても、高い設定率を出しているコンサルタントがいることが分かったのです。この結果は、本人にとっては、プロセスは間違えていないという自信となり、そして上司は面接設定以降のプロセスに注力して指導すべきことがわかりました。また、社内で結果を共有することで、どのような行動をすれば高い面接設定率が実現するのか、ほかのメンバーも意識するようになりました。プロセスを可視化することでそれぞれの課題に向き合い、ベストプラクティスを共有しあうという効果が出ています。


――今後のHRBCへの要望を教えてください。

人材ビジネスでは、一定量のルーチン業務が発生します。機能面がより拡充して、システム上でルーチン業務が完結する割合が増えるといいですね。そうすれば、企業、求職者、紹介会社がより深く連携でき、これまで以上の価値提供ができるかと思います。


――ありがとうございました。最後に、人材紹介事業部のビジョンを教えてください。

まず、コンサルタント一人ひとりの業界特化を進め、専門性を高めることで、求職者に最適なアドバイスと求人の提案ができるよう取り組んでいきます。グローバル分野では、国内企業への外国人材の紹介や、海外展開する国内企業に対して語学力を持つ人材紹介を行っていますが、定着率を上げるためのセミナー開催や研修のご提案など、幅広い人材サービスの提供に努めてまいります。

ヒューマンリソシア株式会社

https://resocia.jp/corporate/

1988年の創設以来、教育をバックボーンとして多角的に人材事業を展開。人材とスキルに関するニーズを実務現場から的確に捉え、教育現場へとフィードバックする一貫体制を敷くことにより、他社には真似のできない「育成型人材事業」を実現。ワンストップソリューション体制の構築を進め、新しい人材サービスの創出に努めている。

Interview with
新開圭祐氏

ヒューマンリソシア株式会社
人材紹介事業部人材紹介営業部 マネージャー