自社のWebサイトをオープンして、いざ求職者を集めよう!というとき、どんな方法を思い浮かべますか?

まずは、

  • 求職者を集めるために、募集中の求人案件を公開して検索できるようにしたい
  • 求人案件を見た候補者に、そのままWeb上でエントリーしてほしい

と考えるのではないでしょうか。

実際には、上記の機構を自社Webサイトにつくるには、
Webサイト開発、求人情報公開/求職者エントリーなどの仕組みを構築したりと、
実現するには、思ったよりもコストと時間がかかってしまいます。

 

そんな時に役立つのが、開発なしで社内DB(HRBC)と自社Webサイトをつなげることが出来る
HRBC Web Parts(ウェブパーツ)

今回は、サイト開発コストをかけたくない、時間もない、Webサイトはちょっと苦手…

という方でもお使いいただけるWeb Partsのサービスをご紹介いたします。


 

HRBC Web Partsとは?

 

ポーターズが提供するHRBC Web Parts(ウェブパーツ、以下Web Parts)は、

皆様の自社Webサイトと社内DB(HRBC)を自動連携することのできるアプリケーションです。

 

さて、自社WebサイトとHRBCがつながると、何ができるのでしょうか?

例えば、今こんな作業をしている場合…サイト-DB間連携後は、こんな風に効率化されます。

 

①サイト上での候補者からのエントリーや問い合わせは、メールで通知が来るようになっている
 または、サイト付属DBに保存されるようになっていて、その情報に求職者管理DBに手入力している

               ↓↓↓
 候補者が自社Webサイト上からエントリーしたら、エントリー情報を自動的に社内DB(HRBC)に取り込む
 (Web Partsエントリーフォームをサイトに搭載)


求人情報を管理しているDBからコピー&ペーストでWebサイトに毎回ベタ打ちして、
 自社Webサイトに求人案件をアップしている  
                 
               ↓↓↓
 社内DB(HRBC)に保存されている求人案件を自社Webサイトに表示させ、検索もできるようにする
 (Web PartsJOB検索画面/一覧画面/詳細画面をサイトに搭載)

 

通常①②の機能を自社Webサイトに搭載するには、サイト開発をして、社内DBとつなぐ必要があります。

Web Partsを使うと、①②用のWebフォーム(HTMLタグ)が生成され、

フォーム(HTMLタグ)を自社Webサイトの一部に埋め込むだけで、自社Webサイトと社内DBを連動させ、

①②を実現することが出来ます。

 

%E5%95%86%E5%93%81%E8%AA%AC%E6%98%8E.png

 

ポーターズでは、HRBC Web PartsHRBC Web Parts Light(無料)をご用意しております。

(ライトでは1、求職者エントリーフォームのみ利用可能)

フォームは既に一般的な人材ビジネスに必要な画面が事前設定されていますので、すぐにご利用いただけます。
ご料金・機能詳細についてはこちらからご確認ください。


 

デザインの選べるフォームは、複数設置も可能

 

HRBC Web Partsでは、複数のテンプレートを利用することで、様々なサイトやページで異なるフォームを設置することができます。

8種類のデザインから自由にテンプレートをお選びいただけ、CSSを設定することで、さらに自由にデザイン可能です。
 

%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88.png

 

色々な使い方があるWebPartsですが、ここではいくつかの例をご紹介します。
 

例1 エントリーフォームを単体で設置

非公開求人の取り扱いが多い紹介会社様などは、まずは求職者に登録してもらってからコンタクトを取り、

その後案件紹介を行っていることもあります。このような業務フローの場合、求人公開フォームは利用せず、

必要最低限の項目とPDF添付欄のあるエントリーフォームのみをサイトに設置することも可能です。

 

例2 複数サイトの運営に最適

Web Partsで生成されるフォームでの表示対象項目・データやデザインを複数サイトごとに分けて設定することが可能です。

【JOB公開】

業種・職種ごとに別のJOB公開フォームを作り、それぞれ違う求人をサイトを運営したすることも可能。

この際も、データベースはHRBC1つのまま、情報管理はシンプルなままで運用することが出来ます。

【候補者エントリー】

テンプレート毎に初期値設定で登録経路などを設定しておくと、

どのサイトからエントリーがあったかが管理できます。

 

例3 ポーターズの採用ページ

こちらからご覧いただける、「ポーターズの求人情報」、「応募フォーム」、「エージェント様向け推薦フォーム」は、

3つのWebPartsフォームを挿入したものとなっています。


 

GoogleAnalyticsを活用して、行動トラッキングも
 

%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9.png
 

Web Partsでは、Google アナリティクス(GA)のタグの設定も可能です。

Googleアナリティクスを使うと、公開した求人が何回、どんな人に見られているか(セッション数、通過率等)、

また、求人閲覧からエントリーに至るコンバージョン(CV:エントリーなど)を計測することができます。

WebPartsとGAの設定も、GAの画面からトラッキングIDをコピーし、WebPartsに設定するだけで完了です。


 

デザインフォームからアナリティクスデータ活用まで、使い方次第で、

自社Webサイトの集客力をぐんと上げることが出来るHRBCのWebParts。

使わないのはもったいない!まずはLight(無料)からお試しください。

 

Web Parts Light、Web Parts のお申し込みは簡単!

HRBCの管理者が、HRBC内の右上のメニュー[アプリ]から[アプリ]を選択し、アプリ一覧の画面より利用開始することができます。

 

まだHRBCをご利用でない方は、こちらからHRBCトライアルをお申込み頂けます。

HRBC Web Partsの操作・設定方法に関するお問い合わせは、HRBCサポートまでお願いいたします。

   E-mail: hrbc-support@porters.jp | TEL:03-6455-4747