こんにちは。ポーターズマーケティングGr.の高橋です。



本日は、「進捗の停滞を防ぎ、HOTな案件を可視化する」
<進捗NAVI>に
あたらしい機能がリリースされましたので
お知らせいたします!

 





【機能追加】

1 メニュー名・フェーズ名の編集機能追加
   進捗NAVIのメニュー名や対応フェーズ名を、編集することができるようになりました。
 
2 経過日数の編集機能追加
   進捗NAVIの選考プロセスの経過日数や、JOB・レジュメの「!」「HOT」の日数を、編集することができるようになりました。

 
進捗NAVIを既にご活用いただいているに方は、ピンと来てくださった方もいらっしゃるかもしれませんが
「どういうこと?」「何が便利になったか良くわからない」と思った方にリリースの詳細をご紹介していきたいと思います。
 
まずはひとつめ

1 メニュー名・フェーズ名の編集機能追加
   進捗NAVIのメニュー名や対応フェーズ名を、編集することができるようになりました。

 
これまでの進捗NAVIでは、メニュー名や選考プロセスのフェーズ名が以下のように固定で表示されていました。
 
  • タブのメニュー名:固定表示 【選考プロセス/JOB/レジュメ】
  • 選考プロセスのフェーズ名:固定表示 【JOB打診/書類推薦/一時面接/二次面接以降/内定/入社応諾/入社】
  
 


そのため、お客様によっては自社の環境で使用しているメニュー名やフェーズ名と一致しておらず、

例えば、
 
≪メニュー名≫

 進捗管理(自社) → 選考プロセス(進捗NAVI) 
≪フェーズ名≫
 お仕事紹介(自社)→ JOB打診(進捗NAVI)

 最終面接(自社) → 二次面接以降(進捗NAVI)
 
など、<自社>での「メニュー名・フェーズ名」を<進捗NAVI>の「メニュー名・フェーズ名」に
脳内変換していただかなければいけない状況でした。
特に派遣事業でご利用いただいているお客様にとっては、ご利用される際に違和感があったかと
思います。
 

「固定フェーズ名から、自社で浸透しているフェーズ名に変更できるよう、
メニュー名・フェーズ名をカスタイズできないか。そうすればより直感的になり、もっと使いやすくなる!」
とのお声をたくさん頂戴し、この度のリリースに至りました!

 
実際のカスタマイズ方法ですが、操作はかんたんに行えます!
進捗NAVIのメニュー名またはフェーズ名の右側にある「鉛筆」マークをクリックして
お好きな名称に変更するだけです!

 
































これで、HRBCと進捗NAVIの名称が統一され、フェーズ名やメニュー名を脳内変換する必要がなくなりましたね!

 
つづきましてふたつめ

2 経過日数の編集機能追加
   進捗NAVIの選考プロセスの経過日数や、JOB・レジュメの「!」「HOT」の日数を、編集することができるようになりました。

 
人材紹介ビジネスでは、新たに登録された求人案件や求職者が、HOTな状態の時にスピード感をもって対応することがもっとも大切な業務のひとつで、かつ他社との差別化を狙えるポイントではないでしょうか。
また、案件の進捗を停滞させることは、顧客満足度の低下や成約率低下にもつながりかねません。
 
進捗NAVIでは、HOTな案件や、進捗が停滞している案件を可視化できるよう、対象の案件に「HOT」マークが表示されたり赤く表示されたりするようになっています。
 
これまでの進捗NAVIでは、HOT案件は「OPENから14日以内」と固定で定義されており、また、停滞度をはかるための経過日数も以下のとおり固定でカスタマイズできませんでした。

 
 




でも、お客様の事業形態や特化領域によって「うちはHOT案件は絶対に2日以内にJOB打診!」とか、
「5日以上経過したら停滞、フォローが必要」など、
基準となる経過日数は異なりますよね。
 
そのようなお客様の声にお応えし、経過日数の編集機能が追加されました!
こちらも編集方法はかんたんで、設定したい経過日数を赤枠内に入力するだけです!

 

 






























これで、自社の基準にあった経過日数でHOT案件、停滞案件を可視化できるようになりました!
 

いかがでしたか?「このブログを読んでみたけどイマイチわからなかった」「これから設定変更するので、ちょっと質問したい」という方はお客様支援課までお気軽にご連絡下さい。
 
ますます便利になった進捗NAVI、是非貴社人材ビジネスの生産性向上、業務効率化にお役立ていただけると嬉しいです!