人材紹介会社のオフィス

  • ポイント1

    オフィス立地に関して

    一般的には、人材紹介会社の拠点の選択は、営業効率(求人企業獲得のため)+ 来場の便利さ(求職者獲得のため)によって確定しますが、ほとんどの紹介会社さまは求職者確保が最優先課題となっております。

    上記を考慮すると、求職者にとって足を運びやすい立地を選択することが重要になってきます。

    具体的には、
    「新宿」「渋谷」「池袋」といったターミナル駅
    「新橋」「神田」「神保町」などの集めたい求職者が多数働いていると思われる駅
    「青山」「恵比寿」「六本木」のようなイメージの良い駅


    これらの中から、家賃との兼ね合いでオフィスを選ばれることが多いようです。

    また、面談される際に駅から距離があると求職者から嫌われる傾向にあるため、
    (ドタキャンされるケースも意外と多いです)
    駅徒歩5分以内を選択されることも重要です。

    ただ、必ずしも面談を自社面談スペース内でする必要はありませんので、
    ヘッドハンティングを中心に、ホテルの喫茶店等で必ず面談をする場合は、
    地方(自宅等)を拠点としている人材紹介会社さまもいらっしゃいます。
  • ポイント2

    面談スペースに関して

    面談スペースは免許を取得する際に必要になるため、規定の広さ(20㎡以上)が必要です。
    ただ、最近はインターネットで相談し、面談しないという紹介会社さまでも免許が
    取得できるようになったので、面談スペースがなくても申請は可能なようです。

    自社で面談すると申請した際には、面談ブースは独立したものでないと免許はおりません。
    また、個人情報を保管するロッカー(引き出しでも可・鍵がかかる必要あり)も必要です。
    知人の会社に居候して実施する場合は、この保管場所を共有にしたり、面談場所を共有したりすることは不可です。
    HRビジネスクラウドではでは個人情報をすべてシステム内で安全に管理する事が出来ますのし、細やかに設定可能なセキュリティ権限機能を持っているため、保管場所を心配する必要はございません。またポーターズはプライバシーマーク取得をはじめ、人材紹介企業向け大規模ASPサービスにおける国内No.1の実績を基に、お客様に安心してデータを登録いただけるクラウドサービスを企画開発しております。
    HRビジネスクラウドに関してセキュリティなど、詳しくはこちら
  • ポイント3

    レンタルオフィスに関して

    何よりも、紹介業はスタートしてからキャッシュが入るまでかなり時間がかかります。
    また、思ったように面談が入らないこともあるので、最初から無理して高い家賃のところに入る必要はないかもしれません。
    レンタルオフィスやマンションの一室を利用されている紹介会社も数多くあります。
    そういうケースであれば、企業への営業効率がいい立地を選ぶ方が良いかと思います。

    レンタルオフィスをお探しのお客様は下記のサイトも参考にされてはいかがでしょうか。
     ● レンタルオフィスイエローページ
     ● オープンオフィス


    人材紹介開業についての相談承ります。
    人材紹介ビジネス経営者向け個別相談会(随時開催)