HRビジネスクラウド お客さま導入事例

ジーニアス株式会社
ジーニアス株式会社

媒体との連携機能を活用

「労働市場を通じて 社会を豊かにする」をミッションとして、エグゼクティブサーチのみならず経営計画や人事戦略など幅広いフィールドで活躍している同社。HRBCのWeb連携の柔軟性を活用し、業務の効率化を実現している。

自社サイトとの自動連係が一番のメリット

―御社の人材ビジネスの特徴をまず教えてください。

奥富
 私たちはエグゼクティブサーチを中心に、シニア世代の人材紹介・アウトソーシングを主に行っています。特徴は、コンサルタント一人ひとりが高いスキルや経験を持っていること。製造や金融、不動産、製薬などの業界で長年活躍し、コンサルタントに転向した方たちが多数在籍しています。そのため、その業界に精通した、強い信頼と繋がりの中で、コンサルタントに直接相談が来ることもたくさんあります。


―どのような目的でHRBCを導入したのでしょう。

奥富
弊社は複数の求人サイトを使っているため、求職者の情報を一括管理するシステムが必要でした。最初は他社のシステムを使っていたのですが、決められた形で運用しないといけない部分が多かった。HRBCはUIを自由にカスタマイズでき、柔軟性が高く、メンテナンスもしやすかったので、他社から乗り換えたのです。

大平
また他社システムは、アプリやCSVが作動しないなどの問題が多かったのです。対応を依頼しても、2~3日以上待たされることもありました。そもそもHRBCは項目の変更などのカスタマイズは自分で対応できますし、それ以外で問い合わせたときのコンサルタントやヘルプデスクの対応も早いです。また、導入の際は、ポーターズのコンサルティングサービスを利用しました。初期の媒体の連携設定やデータ移行など、データを渡すだけで全て行ってくれたので、非常に助かりましたね。導入から運用に転換した現在も、いつも相談させていただいています。ポーターズのコンサルタントが、導入の目的や経緯を知っており、いつも的確なアドバイスを下さるので、頼りにしています。


―実際にHRBCを活用される中で、メリットとして感じているポイントを教えてください。

奥富
 HRBCと自社サイト間の求人情報掲載・求職者情報取り込みが自動的にできる点です。弊社はエグゼクティブサーチ、シニア向けの2つの自社求人サイトがあるのですが、ボタン一つでそれぞれのサイトへの求人掲載や、掲載中の求人の取り下げができる点にメリットを感じています。また、どちらの自社サイトから求職者エントリーがあった場合でも、HRBCに自動的に取り込まれるのも便利です。さらに、複数のサイトがあってもかかるコストは同じです。HRBCが無ければ、内部でプログラムを組んだり、エリア連携をしたりする必要があり、さらにコストがかかっていたでしょうね。

大平
HRBCに入力したデータを、決定率や売上げの管理にも活用しています。これまでは、アナログで求人媒体やサイトごとの売り上げを記録していました。HRBCになってからは、レポート機能で簡単に必要なデータを抽出することが出来るので、媒体ごとの決定率や売り上げをもっと簡単に管理することが出来るようになりました。

課金対象の媒体から
求職者の評価までHRBCで管理

―HRBCを運用する上で、設けているルールはありますでしょうか。

大平
コンサルタントには、求職者がどのサイト経由で流入し、いつ登録したのか、HRBCに正確に入力してもらうように徹底しています。様々な媒体から流入した求職者に加え、同一の求職者による複数媒体からの応募も管理しなくてはなりません。その求職者が決定した場合は、どの求人媒体に料金が発生するのか、HRBCで管理する必要があるのです。

奥富
求職者の評価も、コンサルタントに入力してもらっています。例えば2年前に面談をした求職者が、再びエントリーをしてくださった場合、かつての情報が記載されていないと、どのような方なのか分かりませんから。ABCでのランクと、評価理由を必ず記載してもらっています。


―ありがとうございました。最後に御社のビジョンと、その実現のためにHRBCをどのように活用していくかをお聞かせください。

大平
業界で言うと、今後はIT業界を強化していく方針です。それに伴い、現在はHRBCを主にデータベースとして使っているので、今後はカレンダーやマッチング機能も活用していきたいですね。現在、弊社だけで2万人近くの求職者が登録されているので、新しい案件をいただいた際に、HRBCの中でマッチングしていくことで、よりビジネスを伸ばしていきます。

ジーニアス株式会社

http://www.genius-japan.com/

ジーニアス株式会社

2011年設立。顧客の採用ニーズに応えることはもちろん、経営計画、人事戦略に沿った提案までそのフィールドとしている。また、新規事業療育への参入や事業再生、事業継承フェーズの次世代経営チームの組成に伴う複数ポジションの同時採用など、難易度の高い案件も得意としている。

Interview with
奥富 毅人

ジーニアス株式会社
マーケティング&
コミュニケーション
ディレクター

Interview with
大平 梨良

ジーニアス株式会社
アドミニストレーション
オフィスマネジャー