インポート&エクスポート

HRビジネスクラウドでは、高度なCSVインポート/エクスポート機能を持ち、
各媒体とのインポートエクスポート、またはデータメンテンナンスや
他システムとの連携など、簡単で安全に実現することができ、
社内のデータハブとしての機能として評価いただいております。
また設定も簡単でユーザによる設定が可能で追加費用を必要としません。

インポート・エクスポート概要

HRビジネスクラウドでは誰でもCSVデータをスムーズに連携し生産性を向上します。

  • ・インポート・エクスポート設定を社内共有や自分専用に保存して繰り返し使うことができます。
  • ・インポートでは、CSVを編集することなく、取り込みたい一部の項目のみ取り込むことができます。
  • ・データ変換(コンバート)機能により、複雑なCSV連携やデータ移行などもシステム開発なしで実行することができます。
    (複数項目をまとめる、勤務地や職種コードなどをデータ変換してインポート、値の返還してインポート等)

  • ・インポート時に重複データの有無をチェックするための「キー項目」を設定することで、新規レコードのインポートや重複データの上書きインポートが可能です。
  • ・管理者はユーザのインポート・エクスポートの状況を一覧で確認したり、実行中の処理を中断することができます。

媒体とのインポートエクスポート

HRビジネスクラウドはアプリやCSVで媒体連携をスムーズに行うことが可能です。
HRBC Agent/HRBC Staffing はあらかじめ各種媒体のCSV連携設定がプリセットされています。

HRBCからエクスポートしたCSVデータを各種媒体にアップロードしたり、各種媒体からダウンロードした求職者のCSVデータをHRBCにインポートしたりなど各種媒体シームレス連携ができます。
詳細は媒体連携機能の説明をご覧ください。


データのメンテナンス・データ移行

【データのメンテナンス】
メンテナンスデータをエクスポートし、社内で修正した後、再度インポートすることでデータメンテナンスができます。

【データ移行】
別システムからのデータ移行も追加コストなしにユーザ様が行うことができます。
※大量データの移行が発生する場合、ご自身でも行うことが難しい場合、専任のコンサルチームがおり、コンサルサービスを提供しております。

その他の導入事例も見る

ご不明な点は、
お気軽にお問い合わせください。

03-6432-9829

受付時間:平日9時~18時、年末年始、
土曜日曜、祝日はメールにてお問い合わせください。

Webでのお問い合わせはこちら