メールマガジン登録 メールマガジン登録

  • ポイント1
    人材紹介業の仕組みとサービス

    人材紹介業は、企業からの求人依頼に対して、適切な求職者を紹介する事業です。

    多くが成果報酬の形をとっています。

    企業が紹介した人材の採用を決定した際に、紹介手数料を徴収します。

    企業の採用活動と人材紹介業

    企業が人材紹介会社を利用する最大のメリットは、採用にかける時間と手間を省くことができることです。

    通常ならば時間をかけてゆっくりと求職者の人柄やスキルを見極めなければなりませんが、求職者の情報をあらかじめ人材紹介会社からもらうことで、人材紹介会社などにスクリーニングをかけてもらうことができ、採用までの無駄なステップを省き、最終段階に近い面接のみをすることができます。

    他方、デメリットとしては、企業内に採用ノウハウが蓄積しないことや人材紹介会社へ支払う紹介手数料が決して安くないことが挙げられます。

    人材紹介会社は、デメリットをデメリットだと企業に感じさせないほどの人材を紹介できるように努力することが重要です。

  • ポイント2
    人材紹介業の紹介手数料の設定と法律

    人材紹介業は、企業からの求人依頼に対して、適切な求職者を紹介する事業です。

    多くが成果報酬の形をとっています。

    企業が紹介した人材の採用を決定した際に、紹介手数料を徴収します。

    企業の採用活動と人材紹介業

    企業が人材紹介会社を利用する最大のメリットは、採用にかける時間と手間を省くことができることです。

    通常ならば時間をかけてゆっくりと求職者の人柄やスキルを見極めなければなりませんが、求職者の情報をあらかじめ人材紹介会社からもらうことで、人材紹介会社などにスクリーニングをかけてもらうことができ、採用までの無駄なステップを省き、最終段階に近い面接のみをすることができます。

    他方、デメリットとしては、企業内に採用ノウハウが蓄積しないことや人材紹介会社へ支払う紹介手数料が決して安くないことが挙げられます。

    人材紹介会社は、デメリットをデメリットだと企業に感じさせないほどの人材を紹介できるように努力することが重要です。

  • ポイント3
    人材紹介業の手数料の返金規定

    手数料の返金規定は、人材紹介会社が企業と人材紹介契約を結ぶ際、必ず契約書に書かなければならない事項の一つです。

    企業との人材紹介契約書に応じて返金額が決まる

    紹介手数料の返金、またはそれに準ずる保証は、契約書の記載通りに行います。

    一般的に、以下の2つのどちらかが行う会社が多いです。

    返金条項

    紹介した人材が一定期間内に自己都合で退職した場合、企業は人材紹介会社に支払った手数料の返金請求ができます

    返金額に関しては、採用されてからの期間に応じてパーセンテージが変化します。

    一般的な保証期間は90日ほどです。

    もちろん、予め契約書に記しておく必要があります。

    フリーリプレイスメント

    紹介した人材が保証期間内に退職した場合、紹介した人材の代わりとなる人材を無償で紹介することをフリーリプレイスメントと言います

    人材紹介会社は、徴収した手数料を返金する必要がなく、求人を募集している企業も新しく人材が手に入るため、両者の損害を最低限に抑えられます。

    人材紹介会社にとっては、多くの人材を抱えている場合であれば、こちらの方がメリットが大きいでしょう。

    手数料返金の相場

    では、返金の手数料の相場はどの程度になっているのでしょうか。

    一般的に保証期間90日で、返金の相場としては入社後1ヶ月の退職は徴収した手数料の80%、1ヶ月以上3ヶ月未満の退社は50%と設定しているところが多いようです

    しかし、中には保証期間が180日ほどで、返金額が時期に応じてさらに細かく分類されているところもあります。

  • ポイント4
    返金が発生する人材紹介業のトラブルの例

    人材紹介会社として、「返金」が発生する時は、「トラブル」が発生した時でもあります。

    実際にどのようなトラブルが起こる可能性があるのか事前に把握しておくことは大切です。

    紹介した人材がすぐに辞めた(早期退職した)場合

    紹介した人材が自己都合で退職した際は、企業に過失が何もないので、返金の対象になります。

    この場合、企業との契約書の記載通りに返金処理を行う必要があります。

    紹介した人材の心身に問題があった場合

    もし紹介した人材の心身に問題があることを知っていたにも関わらず、伝えずに企業へ紹介してしまい、採用されてしまった場合はあったとします。

    この場合に、企業から返金を請求された場合、場合によっては、人材紹介会社の責任になり、返金や損害賠償に対応する必要があります

    ただ、仮に、心身に問題があると、顧客である企業が言ってきたとしても、産業医に病状の診断を仰ぎ、本当に「業務に支障がある」状態だったかを確認すると良いでしょう。

    業務に支障が出そうなことを予見していたにも関わらず、その人材を紹介したならば、法的措置を取られる可能性もありますが、求職者自らが虚偽の申告をしていた場合などには、返金対応しなくても良い場合があります。

    返金対応としては、企業との契約書記載の内容に則って行われるか、企業との個別交渉になるでしょう。

  • ポイント5
    人事に選ばれる人材紹介会社になるには

    人材紹介会社と契約した人事は、人材紹介会社が「いつ」「どのような」人材を紹介してくれるのかと心待ちにしています。

    会社の規模が大きくなればなるほど、抱える企業案件も求職者の対応も多く、全ての企業を平等に扱うことが難しくなります。

    そういった際には、企業を平等に扱うことや企業理解を深めること、求職者目線に合わせることなどが重要ですが、一番はマッチングの精度を高め、効率的に社内の連携を取っていくことが求められるでしょう。

    おすすめなのは、ポーターズのマッチングシステムを利用することです。

    ポーターズが提供するマッチングのシステムは、求職者の情報と企業の情報をそれぞれ管理し、マッチングする両者をリコメンドしてくれます。

    精度が一元化できるだけではなく、業務も効率化できることがメリットです。

    詳細の資料は以下よりダウンロードできます。どうぞご確認ください。