メールマガジン登録 メールマガジン登録

  • ポイント1
    人材紹介事業の市場規模

    人材紹介事業の市場規模は年々大きくなっています。

    また、労働人口の減少により、人材紹介業の求職者獲得競争は益々激化していくと予想されます。

    しかしご存知の通り、新型コロナウイルスの影響で採用を減らす企業も多く、売り手市場の流れから買い手市場へと変化しています

    有効求人倍率が下がっているのです。

    しかし、大手企業には求職者が集まるのに対して、中小企業では依然として労働力不足が深刻であり、VUCAの時代とも言われているので、引き続き不安定なことは想定できます。

    今後も売り手市場の流れが続いたり、業界によっては売り手市場が加速したりすると想定できます。

    このように人材紹介事業は社会情勢や景気に左右される変化が激しい業界と言えます。

  • ポイント2
    特化型の人材紹介のメリット

    では、そのような人材紹介事業において、特化型の人材紹介を行うメリットは何でしょうか。

    ここで言う、特化型の人材紹介会社とは、「医師に特化した転職エージェント」「ITの未経験職に特化した転職支援」などを指します。

    それでは、そういった特化型人材紹介会社を経営するメリット・デメリットを紹介していきます。

    母集団形成がしやすい

    まずは、特化型人材紹介は、求人企業を集めるにも求職者を集めるにも母集団形成がしやすいという利点があります。

    例えば、求人企業を集める際には同業者のリストを作成して営業の電話をかけるため、効率的に母集団形成ができます

    例えば、新卒人材に紹介するから、どんな業界でも良いリストを集めよう、というのと、医師のみに紹介するから医療系に特化したリストを集めよう、というのでは大きく難易度が異なります。

    また、同業だと口コミで広まりやすいのも特徴です。

    企業側からの信頼も厚くなりやすく、企業同士の口コミが期待できます。

    求職者に関しても同様に、対象となる専門性を有した求職者は集まりやすいと言えるでしょう。

    競合他社と差別化しやすい

    先述の通り、人材紹介の市場は競争が激化がしています。

    また、市場規模の大部分を大手人材紹介会社数社が担っているのが現状です。

    その中で、総合型人材紹介会社として他社と差別化するのは非常に困難です。

    単に人材紹介会社でいるよりも、特定の業種・職種などに特化した「〇〇系人材紹介会社」でいる方が差別化しやすくNO.1になりやすいと言えます。

    社内人材も育成しやすい

    総合型人材紹介であれば、人材コンサルタントは様々な業種・職種に関する幅広い知識を身に付けなければなりません。

    しかし、特化型ではその業種・職種に関する専門的な知識を身につければ良いため、社内人材を効率良く育成することができます

    求職者も特化型人材紹介を望んでいる

    特化型人材紹介は特定の業界内の求人が網羅されており、ニッチな分野に特化した求人も見つけることができます。

    さらに高い専門性を持ったコンサルタントが対応してくれるため、求職者は安心してサービスを受けることができます。

    企業と強いパイプを作りやすい

    特化型人材紹介会社は、その分野に関してはスペシャリストであるため、企業からの信頼を得られやすいです。

    そのため既存顧客を生みやすく、企業とのつながりが強固になりやすいと言えます。

    その結果、非公開求人を扱ったり、企業に関する詳細な情報を手に入れ提供したりすることができます。

  • ポイント3
    特化型人材紹介のデメリット

    続いて、特化型人材紹介のデメリットについても解説していきます。

    マーケットが広くないと企業成長させにくい

    マーケットを狭めすぎると、そこに人口が少ないため、企業規模が成長しないという問題があります。

    例えば医者に特化した人材紹介は、医者は開業することも多く人口が少ないため、人材紹介会社としての企業規模を成長させることは難しいでしょう。

    会社を設立する際は、そのマーケットがどの程度なのか、パイが十分にあるのかを解決させる必要があります

    先行の会社が有利になりやすい

    特化型人材紹介会社も数多く存在するため、差別化できると言ってもほとんどのマーケットでは、先行の会社はいくつか存在するでしょう。

    マーケットによっては広告手法や営業が限られており、どうしても先に進出した会社が有利になりやすいのが現状です。

     

  • ポイント4
    特化型人材紹介で上手くいくような事例

    上記のように、特化型人材紹介にはメリット・デメリットがそれぞれ存在しますが、上手くいくのはどのような場合でしょうか。

    実際の事例をいくつか紹介したいと思います。

    医療系の人材紹介会社の場合

    例えば、医療系に特化したある人材紹介会社では、転職支援だけでなく医院開業支援なども行っています

    先程、医者は開業することが多いと述べましたが、この会社ではまさにそういったニーズも取り込もうと医院開業支援サービスも行っているのです。

    転職・医院開業だけにとどまらない総合的なキャリアコンサルティングや、転職・開業後も含めた手厚いサポートを行うことで、この分野での優位性構築を図り、成功をおさめています。

    飲食系の人材紹介会社の場合

    飲食業界に特化したある人材紹介会社では、飲食業界に精通したキャリアアドバイザーと蓄積したデータベースに強みを持っています。

    また、全職種の人材を紹介可能、返金保証ありなどの特徴があり、飲食系人材紹介会社として強い存在感を示しています。

    飲食系で働く人のキャリアに関して熟知したノウハウを持つのが特徴です。

    美容師の人材紹介の場合

    美容系の業界だけでなく、美容師という職業に特化した転職サービスも存在します。

    美容師に特化した転職支援を行うのはもちろん、美容師は転職が早いという特徴を活かし、一回転職させた美容師に定期的にアフターフォローを行い、繰り返し顧客として囲い込むという手法をとっている会社もあります。

    このように特化型では、その業界の特徴を生かしたビジネスモデルをとることができます。

  • ポイント5
    業界以外でも求職者の属性(年代・エリアなど)で絞ることが可能

    上記で説明した以外にも、年代・エリアなど様々な求職者の属性でターゲットを絞ることが可能です。

    業界に特化するだけではなく、その他の観点から特化型を設立しましょう。

    年代やフェーズなどでの区分はやりやすい

    「第二新卒」「20代」「キャリアチェンジ」「スキルアップ」「マネージャーに昇進したい」など年代やフェーズでセグメントを区分することもできます。

    業界特化に比べて、専門的知識はそれほど必要ないため導入しやすいのが特徴です。

    また、マーケットはそれほど狭まらないのも利点と言えるでしょう。

    しかし、差別化としては今一つ不十分かもしれません。

    そこで、例えば「20代の営業職」といったように複数の区分を組み合わせたターゲティングも効果的です。

    エリア特化型ビジネスも有効である

    エリア特化型のメリットとして、まずそのエリアに関しては大手人材紹介会社にも勝る情報力を手に入れられるということが挙げられます。

    また、続けているうちに地元企業から信頼を得られれば、特別な求人案件を獲得することもできます。

    そのため、そのエリアにおいては企業・求職者からの高いシェアを獲得できます。

    2つ目のメリットは、地方に特化した人材紹介の場合、求職者は大都市まで移動せずとも手厚いサービスを受けられるということです。

    事業所はどうしても大都市に集中しています。

    現在はweb会議ツールが普及し、オンライン面談も行われていますが、直接会って相談したいというニーズは今後も存在するでしょう。

    このようにエリア特化型ビジネスも他社との差別化や地位の確立において非常に有効です。
     

    ここまで、特化型人材紹介のメリット・デメリットや実際の成功事例を紹介してきました。

    特化型と言っても、「業界」「年代・フェーズ」「エリア」など様々な区分があります。

    特化型人材紹介を始めるのであれば、どの区分に特化した人材紹介を行うかを慎重に決めるべきでしょう

    人材紹介会社を経営する際に重要なのが、社内体制の構築です。

    導入数No.1のポーターズのHRビジネスクラウドは多彩な機能を一括で搭載しているのが画期的です。

    例えば、社内のコンサルタントのKPI管理、求職者と企業のベストなマッチング、全てポーターズのビジネスクラウドで行うことができます。

    設立当初から導入しておくことで、さまざまな項目を一括管理できるので、ぜひ導入を検討しましょう。

    特化型人材紹介では、その業界、エリアなどの特有の項目を管理、マッチングすることがあります。

    導入数No.1のポーターズのHRビジネスクラウドは、人材紹介会社の管理したい項目を、簡単に作成することができるので求職者と企業のベストなマッチングを行えます

    相談会やセミナーも定期的に実施していますので、お気軽にご相談ください。