メールマガジン登録 メールマガジン登録

  • ポイント1
    スカウトメールやメルマガの開封率が悪い理由と具体例

    スカウトメールやメルマガは、文面によって効果が大きく変わります。

    このため、文面を工夫するだけで簡単に求職者に開封してもらえないメールを作成しないために、悪いスカウトメールやメルマガの特徴を確認しておきましょう。

    件名が求人の内容である

    スカウトメールは求人の内容を載せるのが一般的です。

    しかし、スカウトメールやメルマガは、求職者に向けたものでなければいけません。

    求職者ではなく求人が主語となっている単なる宣伝のような件名は、開封率が悪くなってしまうので注意してください。

    【土日休み!】社長の秘書業務なので、簡単デスクワーク!

    【東証一部上場企業】インセティブアリで、高収入が目指せる営業職。

    【年間休日120日】賞与は年4回で、福利厚生が充実。

    これらは、求人の情報を紹介しているだけであり、誰にでも届けられる内容だからこそ、求職者の心に響かないのです。

    求職者に開封してもらうには、主語を求職者にした「日々仕事に追われて疲れているあなたへ」などがおすすめなのです。

    件名にある内容にオリジナリティがない

    求職者の関心を引くためには、その求人にしかなメリットを記載しオリジナリティを持たせることが大切です。

    よくあるありきたりな求人内容にしてしまうと、他社と代わり映えのないメールになり一つの会社の魅力を十分に伝えることができません。

    例えば、以下で書いてしまうと、当てはまる会社はいくつもあるので、具体性にかけてしまうのです。

    大手企業!東証一部上場の大きな会社

    残業なし!プライベートも充実できる会社です

    充実の福利厚生!安定の環境で働こう

    伝えたいことが多い

    スカウトメールやメルマガは、情報が多ければ多いほど良いというものではありません。

    情報が多すぎると文章にまとまりがなくなり、読みづらい文章になってしまいます。

    また、意図も伝わりづらいうえに記憶にも残りにくく、会社のアピールにつながりません。

    会社をアピールしようとすると、ついつい伝えたいことが多くなり情報を詰め込みがちですが、不必要な情報は省き本当に必要な情報だけを伝えるようにしましょう

    成長中のIT企業!土日休みで上司は優しい?平均年収以上のオファーでプライベート充実!

    年休125日!残業なしのアットホームな会社/福利厚生が整った環境でライフスタイルにあった働き方を実現しよう

    平均月収30万円以上・時短勤務OKでスキルアップも応援。定着率90%以上の優良企業で専門スキルを身につけよう

    環境を訴求したいのか、年収を訴求したいのか、スキルアップなのか休日なのか...。

    内容がバラバラになっています。

  • ポイント2
    良いスカウトメールやメルマガの特徴と具体例

    スカウトメールやメルマガで効果を得るには、求職者に関心をもらえるよう文面を工夫しなければいけません。

    良いスカウトメールやメルマガの特徴と今すぐ使える例文を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

    件名が求職者面接や求職者を主語にした内容である

    スカウトメールは、求職者にとって有益なものでなければいけません。

    アピールすることも大切ですが、単なる宣伝になってしまうと求職者に興味をもってもらえなくなってしまいます。

    求職者一人一人のレジュメを熟読し希望を理解したうえで、求職者が働くメリットを提示してあげるようなメルマガが理想です。

    求職者が主役となる件名を考えましょう。

    キャリアチェンジをご希望のあなたへ!年収アップで未経験転職を叶えませんか?

    未経験者のあなたでも安心!研修制度が整った当社でオフィスワーク始めませんか?

    あなたに毎日定時退社できる環境を約束します。残業なしの職場!

    その求人にしかない魅力を書く

    スカウトメールを開封してもらうためには、オリジナリティ溢れる文章にすることも大切です。

    求職者は毎日、何十通とスカウトメールを受けとっています。

    そのため、他社と差別化できていないテンプレートのような文章だと、メールが求職者の目に留まらないまま大量のスカウトメールの中に埋もれやすくなってしまいます。

    他社にはないその求人ならではの魅力をメールに盛り込み、求職者の目を引くメールにしましょう。

    東京ミッドタウンにあるおしゃれオフィス!景色が最高な環境での事務業務

    独自休暇制度あり!福利厚生充実の会社で営業として働きませんか

    オフィス内に託児所完備!子育てと仕事を両立できる企業で受付業務をお任せします

    伝えたいことを一個にしぼっている

    伝えたいことは一つに絞って、端的にわかりやすく伝えることが大切です。

    先ほどの悪い例の逆です。スカウトメールやメルマガでは自社の魅力をたくさんアピールしたくなってしまいますが、アピールポイントが多すぎると一文が長くなり文章が読みづらくなってしまうため、求職者にきちんと読んでもらえない可能性もあります。

    求職者に自社の魅力をきちんと理解してもらうためには、伝えたいことを絞って伝えるようにしましょう。

    働きやすさ抜群。定着率95%の優良企業でエンジニアとして活躍しよう

    職歴・学歴一切不問。何のスキルがなくても活躍できる事務職

    努力はしっかり給与に反映します。完全出来高制の営業職

    1on1でプレミア感を出す

    スカウトメールを開封してもらうためには、メールの受信者が「自分宛に送られた特別なオファー」だと感じられるように文面を工夫する必要があります。

    マッチング理由が不明瞭なスカウトメールを送っても求職者には響きませんし、経歴やスキルを問わず不特定多数の求職者に同じメールを送っているんだと悪印象を持たれてしまいます。

    一斉送信ではなく個人宛に送られたメールだと求職者が感じられるように、求職者の名前を入れたり求職者の経歴にあった文章にするなど工夫して文面を考えましょう。

    また、マッチング理由を明確にし求職者のスキルや経歴を評価していることを伝えることで、求職者は自信を持つことができ気軽にメールに返信しやすくなります。

    IT業界での経験をお持ちの●●様へ。スキルを活かして当社でエンジニアとして活躍しませんか

    webデザイナーとして培ったスキルを活かし、webディレクターとして仕事の幅を広げませんか

    店長候補求めてます。接客業歴5年以上の経験をお持ちの●●様の力をお貸しください。

    自分にしかない経験を理解して送ってくれたメルマガであれば、求職者の心にも響きやすくなります。

  • ポイント3
    一般的なメルマガ開封率と比較した際の適切な目標設計

    メルマガの開封率を考えるうえで、平均的な開封率を知っておくことは大切です。

    平均値に基づいて、適切な目標を立てていきましょう。

    開封率をアップが見込める効果的な配信時間についても紹介するので、参考にしてください。

    メルマガの一般的な開封率

    メルマガの一般的な開封率は、9.7%~10%程度だと言われています。

    また、メルマガの開封率は送信者と受信者の関係性によって、大きく変化する傾向にあります。

    メルマガの受信者がメルマガの送信者に関心を抱いている場合の平均開封率は15~20%に上り、一般的な開封率より5%~10%程高くなっています。

    反対に、メルマガ受信者から関心を得られていない場合は、開封率が5%~10%程度と低くなる傾向にあります。

    このため、文面にこだわることも重要ですが、関係性の構築が最重要だとわかります

    逆に、関係性が構築されていない間柄の求職者に対しては、工夫した文面で開封させることを試みましょう。

    メルマガやスカウトメールの効果的な時間の例

    メルマガやスカウトメールの開封率を上げるためには文面にこだわることも大切ですが、メールを送信するタイミングも非常に大切です。

    メールを送信するタイミングによって開封率や返信率が変わることが、検証により明らかとなっています。

    効果的なメルマガやスカウトメールの送信タイミングはいつなのか、見ていきましょう。

    月や金が返信率が多かった

    とある会社が1,000件以上のスカウトメールを配信し分析した結果、月曜日と金曜日は返信率が上がる傾向が見て取れました

    返信率と既読率は概ね一致する傾向にあり、月曜と金曜は開封率も高くなっていると言えます。

    ターゲット層によっては異なる曜日の方が開封率や返信率が高くなる場合もあるかもしれませんが、月曜日と金曜日をメールの配信日に設定してみる価値は大いにあると言えるでしょう。

    曜日に合わせてメール文面を変える

    また、スカウトメールやメルマガの開封率をより高めるためには、曜日に合わせて配信内容を変えていくことも大切です。

    月曜日は連休明けで会社に行く気力が低下している人が多いので、ネガティブ層に向けた内容のメールが効果的です。

    週末の金曜日は一週間の仕事の疲れを感じ、転職意欲が高まる人が多いので、土日の転職活動を促すようなメールを送ると良いでしょう。

    午前中は避ける

    スカウトメールやメルマガの返信率を高めるためには、メールを送信する時間帯も重要です。

    時間帯によっても返信率が変わってくるので、送信時間には注意してください。

    その会社の調査によると、仕事で忙しい午前の時間帯は返信率が低くなっているため、午前中のメール配信は避けた方が良いと言われています。

    特に時間帯が早くなるほど、返信率は下がる傾向があります。

    夕方を狙う

    スカウトメールやメルマガを配信するなら、夕方の時間帯に行うのがベストです。

    夕方になると仕事もひと段落し午前に比べると時間に余裕が生まれるので、スカウトメールやメルマガに目を通してもらいやすくなります。

  • ポイント4
    メルマガやスカウトメールによくある質問

    メルマガやスカウトメールの活用するうえで、わからないことがある方もいらっしゃるでしょう。

    スカウトメールやメルマガに関するよくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    二回目のスカウトメールは有り?

    スカウトメールの場合は一度の配信に留めた方が良いかもしれませんが、メルマガの場合は2回目以降の配信を行っても問題はありません

    スカウトメールの場合は同じ内容のメールを配信することになってしまうので、配信回数を増やしても大きな効果は期待できません。

    また、媒体を使用してスカウトメールを配信している場合は、機能的に2回の配信に対応していない場合があります。

    一方、メルマガの場合は配信ごとに内容が変わるため、2回目の配信を行っても問題ありません。

    違った角度からアプローチすることにより、良い効果が得られる可能性もあります。

    エンジニアの採用の場合気を付けるべきことがある?

    スカウトメールやメルマガは採用を行ううえで便利な採用ツールとなりますが、エンジニア採用の場合はヘッドハンティング型の転職が多くスカウトメールやメルマガだけで採用を行うのは難易度が高くなっています。

    そのため、メールに加え求人広告やSNSなど、他の採用ツールも併せて使うことをおすすめします。

    もちろん、スカウトメールやメルマガも全く効果がないというわけではないので、文面にこだわって求職者の関心を引けるメールを配信していくことも大切です。

    返信率が高くなるコツは?

    返信率を高めるためにはターゲットに合わせて、ニーズのあう情報を提供していくことが大切です。

    スカウトメールやメルマガは、単に情報を詰め込めば良いというものではありません。

    たくさんの情報が詰まっていても、受信者にとって不必要な情報であれば当然返信率は上がりません。

    スカウトメールやメルマガ配信を行う際は、まずはターゲットを絞りターゲットとなる人物が必要とする情報は何なのかを考えましょう。

    そして、メールを受け取った人がアクションを起こしやすいように、「自社に応募してほしい」など起こしてほしいアクションを記載しうまく誘導してあげましょう。

  • ポイント5
    まとめ

    スカウトメールやメルマガの開封率を高めるためには、文面にこだわらなければいけません

    求職者は毎日何十通とスカウトメールを受け取っており、オリジナリティのないありきたりなメールでは興味を引くことができません。

    また、配信時間も大切で曜日や時間帯によって返信率や開封率が変わる傾向にあるので、開封率の高い日時に配信を行うようにしましょう。

    また、人材紹介会社としてスカウトメールの開封率や返信率をあげていくことは非常に重要ですが、それ以外にももっと重要なことがあります。

    それが、社内で業務フローを明確化することです。

    人材紹介会社の中には、なあなあに決まってしまっている体制を踏襲してタスク管理やKPI設定を一歩遅れた方法で行っている場合があります。

    ポーターズでのHRビジネスクラウドは、人材業務に必要な機能がすべてすぐに活用ができる「クラウド型マッチングシステム」で、データの管理や目標設計の業務を効率化できます。

    人材紹介会社としてスカウトメールの開封率や返信率をあげていくことは非常に重要で、導入数No.1のポーターズのHRビジネスクラウドでは各媒体や自社サイトと連携させることで、スムーズな求人掲載、スカウト後の求職者情報をシステムで一元管理することが出来ます。

    まずはお問い合わせよりご相談ください。